ペット保険で補償される疾患

ペット保険で補償される疾患

ペット保険は保険金が適用される病気や怪我が定められているので、ペットの種類によってどのような病気や怪我をする可能性が高いかを把握して、もし可能性が高い病気や怪我を患ってしまったら治療費がどのくらいかかるのかを逆算して、加入するべき保険を検討するようにしてください。

保険に加入すれば全ての疾患の治療費が補償されるわけではありません。

一般的に目、皮膚、消化器系、感染症、泌尿器、骨や関節などの病気であれば多くのペット保険会社で補償対象となっています。
これらの病気はペットがかかりやすい病気や怪我の代表的なものになります。
もし飼っているペットがこれらの病気になってしまったら通院、入院、手術の費用が補償されることになります。

自分が加入したいと思っている保険会社がどのような病気や怪我だと補償してくれるのかをしっかり理解しておきましょう。

しっかり理解していないと補償されないケースが出てしまった場合にペットの治療費が全額自己負担になってしまいます。
特定のケースだと補償対象外となってしまうので、どのような場合に補償が適用されないのかもしっかり把握しておくようにしてください。

保険会社によって補償内容も保険料も大きく変わってきますので、それぞれの補償内容をしっかり比較して理解するようにしてください。愛媛県行ってみない?

最新のお知らせ

  • [2019年01月29日]
    ホームページを更新しました。

  • [2019年01月29日]
    運営者情報を追加しました。